News

2018.01.09

Daily

Whitteのストーリーとは?

〜 The Story of Whitte 2017 〜
と題して、
クリスマス時期に展覧会(トランクショー)を行いました!
いつも常設しております伊勢丹メンズ館8階チャーリーバイスの裏にある、いつもは空いていないサロン(チャーリーの東京オフィス)を 開放しまして、
皆様にゆっくりおくつろぎいただきながら、 WhitteのStoryを感じていただけるようご用意しました。

(”調香”をイメージした動画。近日、HPで公開いたします。)
今回は、ソラフラワーを中心に、いたるところで香りを体感できるようになっていて、 全てのものに香りが存在することを改めて感じ、 様々な香りが同時に体感できるような空間にいたしました。

同じ香水でも、肌につけた時、ムエット紙につけた時、時間が経ったもの、他人から感じる香り、ソラフラワーから感じる香り、、全て違うんです。右からレモン、左からスパイス、あれ?さっきはムスクの香りがしたのにな?と。静かに夢中になっていらっしゃる姿をお見かけして幸せな気分に。

ゆったりとくつろいでお過ごしいただくため、
シャンパン(シャルルエドシック)や
コーヒー(LohasBeans)をご用意

さらに KeisukeMatsushima からクリスマスケーキを
スパイシーなパンデピスと、シトラス調のオペラシトロンを一口サイズで!

お越しいただいた方と、
ゆっくりお話ができる空間を目指しました。

最終日24日は、クリスマスイブ♡
飾っていたソラフラワーブーケから、一輪プレゼント♡♡♡

お好きな香りをたっぷりつけて、プレゼント♡
この一輪は、誰の手に渡ったのでしょうか‥♡

ご家族でいらした方はお子様へ♡
お部屋ではしゃいだ後、元気にお花を持って帰られました。

良い香りは、皆をほころんだ良い表情にしてくれます。

素晴らしい香りの中には、
鼻が曲がりそうな匂いも少し混ざっていることが多くあります。
素敵な匂いだけでは、素晴らしい香りにはならないのです。

香りは「足し算の美学」といいます。

これまでの良いことも悪いこともすべて含めて、
現在の美しさを奏でることができるのでしょう。

お越しいただきご愛用いただいた皆様によって、
Whitte Storyの一節一節が、さらに彩られました。

どうかこれからも、貴方らしく、もっと豊かに。

また、お目にかかれる日まで
2018年も香しい日々をお過ごしくださいませ♡

Category: Daily

  • facebook
  • twitter